加齢臭の原因は内面から変えていこう

一般的に、男女ともに40歳以上の男女に多くなってくると言われている加齢臭ですが、においの原因が何かを皆さんはご存知ですか?そのにおいの原因と言われている成分は「ノネナール」といいます。

これは、過酸化脂質からできるもので、体内の活性酸素が増加してくると、過酸化脂質も増加しにおいを放ってくるそうです。

この活性酸素を体内で作らないように意識していけば、加齢臭対策になると思いませんか?もともと、においの原因といわれているのは、日常生活の中にあります。

例えば、肉類の多い食事が多いこと・煙草を吸っている・お酒を飲む習慣があることなどです。

それらが何年も継続してくると、そのにおいは体臭となり、40代に突入して加齢臭といわれるにおいに変わってくるのです。

つまりは食生活の見直しが必要ということです。

バランスのよい食事を心がけ、煙草やお酒などの嗜好品も程々とし、適量を心がけていれば、内面からの加齢臭対策となると思います。

ちょっとにおいが気になるかな?と思う方は、健康のためにもご自身の日常生活の見直しをしてみるのもよいですね!