加齢臭の原因は「活性酸素」

みなさんは「活性酸素」を知っていますか?これは、体にはある程度必要なもので、体内に侵入した細菌を攻撃するという良い働きをしてくれます。

しかし、体内に貯まりすぎると様々なマイナストラブルを引き起こすとも言われています。

生活習慣病やがん・アトピー性皮膚炎・老化を早める等々あり、加齢臭の元「ノネナール」をつくる大元の原因とも言われています。

この活性酸素は、日常生活のあらゆる場面で増えるのですが、ストレスを多く感じた時・スポーツなどで酸素をより消費した時・煙草を吸った時・紫外線や電磁波をあびた時・病気で体内に細菌侵入した時などが考えられると言われています。

特別なことはなく、普通に増えてしまうのです。

ですが、少しでも活性酸素を作らないよう意識するだけでも違いは出てくると思いませんか?ストレスを感じない生活をする・煙草を吸わない・紫外線を避ける・病気を寄せつけない体つくりなどです。

ストレスを感じたら自分なりの対処法を見つけておくのもよいですね。

それだけで加齢臭対策にも繋がります。

中高年になってからの加齢臭対策では付け焼刃になってしまうかもしれません。

加齢臭対策の方法

若い時から健康に意識を向ければ、加齢臭とは無縁かもしれませんね。