加齢臭とはどんなにおい?

加齢臭とはどんなにおい?

最近「加齢臭」という言葉があちこちで聞かれると思いませんか?加齢臭=親父臭というイメージですが、それってどんな匂いなのでしょう?表現は人によって違いますが、よく聞かれるのは「チーズの腐ったようなにおい」「古本」「ろうそく」のようなにおいと私は聞いたことがあります。

こんなにおいが人の体からするのかと思うと・・・思わず鼻をつまんでしまいそうです。

そのにおいの原因はいろいろありますが、まずは自分のにおいがどんなものか知るのも大切です。

そのにおいは、耳の後ろ・顔の脂の多い部分からにおうことがあるので、ティッシュで拭いて確認をしてみるのもよいでしょう。

また、頭からもにおいがする時があるので、枕のにおいをチェックしてみるのも良いと思います。

自分のにおいが本当にするのかをチェックし、においがするなら、その加齢臭対策をしたほうが良いかもしれません。

においの原因はさまざまなので、自分の思いあたる原因を追究して加齢臭対策をしていきましょう。

きっとにおいを除去する方法がみつかると思います。

加齢臭は男女ともに起こりうる現象

加齢臭というと、男性特有のにおい=親父臭のイメージがありますが、実は女性にもあるのです。

ではなぜ、おばさん臭とはいわないのでしょうか?その理由の一つとして、においを放つ皮脂腺の活動が、女性より男性の方が活発ということが上げられます。

また、女性は「女性ホルモン」に「におい」を助けられている部分もあり、女性ホルモンの作用の一つとして、そのにおいの元の物質を抑えてくれることが分かっています。

加齢臭対策の完全ガイド

あとは、基本的な日常生活面での習慣でしょうか?女性は普段から「におい」に対して敏感で、その対策をしていることが多いです。

夏は制汗剤を使いますし、体も念入りに洗ったり、香り付きの入浴剤を使ったり・・・そういった体臭対策が加齢臭対策にもつながっているのではないでしょうか?男性はあまり「におい」を意識した生活習慣はもたない傾向にあると思いますので、特に中高年の男性の皆さん!「におい」を少し意識するだけで、加齢臭対策はできるかもしれません。

色々な加齢臭対策グッズも売っていますので、検討してみてください!